@
一学期も本を読もう

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻」を読んだよ!

ichita

今日は、ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」を読んだよ!

 

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」はどんなお話し?

パパ

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」はどんなお話しですか?
最初はイワシマさんにオニがついてくる話し!

イチタ

パパ

鬼がついてくるの?それはやだね

「ほんとにこわい今昔物」は、 “安倍晴明” の弟子 “あべのめいめい” が語り部となりお話しを進めます。

そして「アァさま」とは、しずかの里の庵にすむ徳の高い尼さまです。

イワシマさんとは、この「アァさま」の知り合い。

イワシマさんは旅の途中に体調が悪くなり、家に帰る途中で後から3人の男がついてくることに気がつきました。

3人の男はオニだよ。イワシマさんをつれて行こうとするよ。

イチタ

イワシマさんを連れて行こうとするのですが、何やらお腹が減っている様子。

イワシマさんは鬼にご飯をあげるよ!

イチタ

イワシマさんから食べ物をもらい大喜びで食べる鬼たち…よっぽどひもじかったのでしょう。

 

出展 : ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」- P66

でも家までついてくる ( 笑 )

イチタ

とうとう家までついてきたお腹をすかせて鬼たち?

いったいどうなってしまうのでしょうか。

次は木にのぼるきものの話だよ。

イチタ

ずいぶん長いあいだ人の住んでいない屋敷がありました。大きな大木はずいぶんとおくから見えるほど。

その大木に「赤い着物がのぼっていく」といううわさがひろまります

出展 : ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」- P66

パパ

誰もいない家の木に、赤い着物が上るの?気持ちわるっ
ほっとけばよかったんだよ!

イチタ

もののけのしわざだと、侍が退治に行くのですが…

触らぬ神にたたりなしとはよく言ったものです。

 

パパ

他にはどんな話し?
あべのせいめいが出るよ!

イチタ

ようやく安倍晴明が出てくる様子ですね…

ある屋敷の前の丘の上を、ずんぐりした、いろのくろい男がゆらゆら歩く姿が見られる様になります

そこで屋敷の主人が安倍晴明に相談するのですが…

出展 : ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」

でもせいめいは、でしのめいめいに「見に行ってこい」という!

イチタ

パパ

すぐに?
すぐ!だからせいめいはもう出てこないよ!

イチタ

まちにまった晴明の登場もほんの少しの様ですね…

…安倍晴明が活躍する今昔物語を題材としたシリーズですが、今回もほとんど登場しません。

まあ、弟子の「めいめい」が語り部ですからね。

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」のさいてん

「ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」」のさいてん
お話しのよさ
(3.0)
おもしろさ
(3.5)
読みやすさ
(4.0)
ぜんぶで
(4.0)

「ほんとにこわい今昔物語」シリーズ7冊目を読みました。

今回もおどろおどろしいお話しが満載です。

地獄や鬼、そしてもののけにまつわる説話を子供向けに優しく作り直してあります。

それにしても昔の人の想像力には驚かされますね。

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」について、いちたの感想

パパ

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」を読んで、どう思いましたか?
オニもお腹が減るんだよね!

イチタ

これは、1話目の「イワシマさんが鬼にあった話し」のことですね。

パパ

そりゃそうだよね。でも牛はどうなったのかな?
たぶん食べられた。でも地獄には行かずにすんだ。

イチタ

なかなか考えさせられるお話しでした。

ほんとにこわい今昔物語「地獄より鬼たちがあらわれるの巻き」について、さいごにパパからも

あいかわらず怖い話しが好きなイチタですが、実はお化け屋敷などは苦手です。

遊園地でも絶対に入りません。

妖怪ウォッチは好きですが、ホラー映画は絶対に見ないですね。

おそらくビジュアルの問題なのかと思います。

想像を膨らませるだけなら平気ということでしょうか。

パパ

おばけ屋敷もなれないと、女の子に嫌われちゃうかもしれないよ!

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。