@
一学期も本を読もう

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃらの巻」を読んだよ!

ichita

今日は、ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」を読んだよ!

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」はどんなお話し?

パパ

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」はどんなお話しですか?
あのね… めいめいは出てこない ( 笑)

イチタ

「ほんとにこわい今昔物」は、 “安倍晴明” の弟子 “あべのめいめい” が語り部となりお話しを進めます。

でも今回、”めいめい”は登場しない様子ですね。

 

さらにー めっちゃ怖いよ!

イチタ

パパ

そんなに怖くないでしょう? ( 笑 )

 

今まで「ほんとにこわい今昔物語」シリーズも何冊か読みましたが、それほど怖くはなかったですね。

最初のお話しは…

りゅうぐうじょうへ行ってー、とみをえた男のひとの話しだよ!

イチタ

竜宮城…どこかで聞いた様な…

 

ある若者へびを助け、池に放してやると、うれしそうに泳いでいきました。

出展 : ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」

 

へびを助けるお話しですが、ますますどこかで聞いた様なプロット…

パパ

浦島太郎みたいだね

言っちゃいました ( 笑 )

でも最後は違うよ!

イチタ

若者はへびと一緒に、竜宮城の様な所に行くところも浦島太郎と類似しています。

でもラストがだいぶ異なっており、なかなか興味深いストーリーになっています。

 

パパ

そんなに怖くなかったよ。
次は地獄をみる話し!

イチタ

次は「山にまよいこみ、地獄の光景を見せられたお坊さんの話し」です。

お坊さんが山で違うお寺に行くよ!

イチタ

お坊さんが山で見知らぬお寺に迷い込みます。

そこで、しんだお坊さんにあうよ

イチタ

パパ

怖!
そこでね…じごくが見れたんだよ

イチタ

 

お坊さまは、死んだはずのお坊さまに連れられて、壁の小さな穴を覗きます。

そこには地獄の光景が広がっていました…

出展 : ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」- P66

 

溶けた鉄を飲まされるんだよ!

イチタ

パパ

怖!

死んだはずのお坊さまは、生前の罪を償うため、地獄の光景を見続けるという罰を受けているのでした。

怖いと言うか恐怖!です。

後は、死んで生き返るおんなの人の話しだよ

イチタ

最後は亡くなった女性が、別の女性の体で生き返るお話し…なかなか感慨ぶかいストーリーです。

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」のさいてん

「ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」」のさいてん
お話しのよさ
(3.0)
おもしろさ
(3.5)
読みやすさ
(3.5)
ぜんぶで
(3.5)

 

「ほんとにこわい今昔物語」シリーズも5冊目です。

シリーズを通じて、ちょっと怖い話しばかりですが、今回「地獄はめちゃくちゃら」本当にめちゃくちゃ怖い内容ですよ!

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」について、いちたの感想

 

パパ

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」を読んで、どう思いましたか?
地獄はひどい!

イチタ

パパ

ひどいと言うか、かわいそうだよね。
でも生きている時に悪いことをしたからだよ!

イチタ

まあ、そう言われればそうなんですけどね。

ほんとにこわい今昔物語「地獄はめちゃくちゃら」について、さいごにパパからも

「地獄はめちゃくちゃらの巻」は「ほんとにこわい今昔物語」のパート2の3巻目になります。

先にも書きましたが、語り部のはずの “メイメイ” が登場しませんでした。

「ほんとにこわい今昔物語」シリーズでは安倍清明の弟子という設定の “メイメイ” が「今昔物語」を子供向けに優しくお話しするというコンセプトです。

ここに来て少し無理ができてたのかもしれませんね。

さて巻末では、お話しの中にも出て来た地獄の説明を、さらに詳しく説明してありました。

「妖怪ウォッチ」などを見ているせいか、閻魔大王さまの事など、よろこんで読んでいましたよ。

 

パパ

ちょっとおばけとか、怖い話しに耐性つきすぎだよ!君

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。