@
一学期も本を読もう

「レモンをお金にかえる法 ( 経済学入門の巻 ) 」を読んだよ!

ichita

「レモンをお金にかえる法」を読んだよ!

 

「レモンをお金にかえる法」はどんなおはなし?

 

パパ

「レモンをお金にかえる法」はどんなおはなしですか?

 

レモネードを売ってお金をもらうんだよ

ichita

 

レモネードは自分で作るんだよ!

ichita

 

子供向けの経済学入門の絵本です。

レモンでレモネードを作り、お店を構えて売ると言う例を用いて、原料の仕入れから価格設定、従業員を雇うことなどを優しく説明しています。

さらに労働争議や、 M & A ( 企業合併・吸収 ) まで触れています。

経済学をおもしろおかしく、わかりやすく分かるようにお話しが進行します。

 

Me ( 私 ) は、レモネードのお店を開きました

 

 

出典 : 「レモンをお金にかえる法」

 

パパ

お店は上手く行ったのかな?

 

あのね、友達のジョニーに手伝ってもらったんだよ。

ichita

 

そしたら、あんまりお金がもらえなくてけんかした!

ichita

 

Me ( 私 ) は、友人のジョニーを従業員として雇いますが、賃金の折り合いがつかず、ストライキを起こされてしまいます。

 

そして交渉は決裂!労働争議のくだりですね。

 

パパ

そしてどうなったの?

 

ジョニーは、自分でレモネードのお店を出した

ichita

 

パパ

ジョニーもレモネードが作れるようになったからね。そしてどうなったの?

 

最後は、一緒にお店になった!

ichita

 

一旦は別々のお店を持ちましたが、合弁することで大きなお店になりました

 

 

 

 

出典 : 「レモンをお金にかえる法」

 

従業員がライバルになりうること、そして価格競争が起こること、合弁する事で資本が大きくなる事まで触れています。

 

パパ

いちたは、どう思いましたか?

 

いちたもレモネードを作りたくなった

ichita

 

お金のこと、経済のことを子供のうちから考えるのは良いことだと思います。

いちたは、レモネードが美味しそうで気になったのですね。

 

「レモンをお金にかえる法」のさいてん

 

「「レモンをお金にかえる法」のさいてん
お話しのよさ
(4.0)
おもしろさ
(4.5)
読みやすさ
(4.0)
ぜんぶで
(4.5)

 

この本はボリュームも多くなく、読みやすかったのか、なんども繰り返して読んでいました。

そして、レモネードの作り方をパパに教えてくれましたよ!( 笑 )

 

「レモンをお金にかえる法」について、さいごにパパから

 

お金のこと、経済のこと、資本主義のことはほとんど学校ではならいません。

それならば、家庭で教えてあげれば良いですし、その知識は将来確実にアドバンテージになります。

一方、私も経済や資本主義の仕組みについて疎いところがあると気づきました。

親がまず勉強しないといけないですね。

 

パパ

いちたもいつか会社を持って、お金持ちになれたら良いね!

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。