@
一学期も本を読もう

ジャン・ド・ブリュノフさく「ババールとサンタクロース」を読んだよ!

ichita

今日は、ジャン・ド・ブリュノフさく「ババールとサンタクロース」を読んだよ!

 

「ババールとサンタクロース」はどんなお話し?

 

パパ

「ババールとサンタクロース」はどんなお話しですか?

 

ゾウの国の王様が、サンタクロースを探しに行くんだよ!

イチタ

 

もうすぐクリスマスです。

クリスマスにちなんだ絵本を借りてきました。

「ババールとサンタクロース」は、ゾウの国の王様 “ババール” が子供たちのために、サンタクロースを探しに行くお話しですね。

 

パパ

どうしてサンタクロースを探しに行くのかな?
あのね… ゾウの国にはサンタクロースがこないんだよ。

イチタ

人間の子供と同じように、ゾウの子供にもプレゼントを持ってきてもらうんだよ!

イチタ

 

なるほど… それで王様が自ら一肌脱いだのですね。

なぜかゾウの国にはサルもいるようです…

 

ゾウの国の王様 “ババール” は身分を隠し、わずかな手がかりを頼りにサンタを探す旅に出かけます。

 

出展 : 「ババールとサンタクロース」

 

パパ

サンタクロースはすぐに見つかるのかな?

 

ネズミがサンタの人形を持ってきたりするよ。だからなかなかみつからない。

イチタ

 

ネズミに尋ねるとサンタを知っていると言いますが、それはクリスマスの飾り付けの人形でした。

いろんな勘違いがあり、旅は思うようにいきません。

 

犬と一緒に旅をすることになるよ。

イチタ

 

どうも犬の嗅覚を頼りにサンタを探すことにするようです…

 

旅の途中に出会った子犬のデュックと一緒に、トナカイの馬車に乗り道を急ぎます。

出展 : 「ババールとサンタクロース」-

 

パパ

犬の鼻でサンタが探せるのかな?

 

人間の子供にサンタにもらったおもちゃの匂いを犬に嗅がせてもらうんだ。

イチタ

 

なるほど!それで本当に上手く行くのでしょうかね?

 

でもね… 結局サンタクロースの正体はね…

イチタ

 

どうなのかな?子供に本当のことをバラしてしまうのかな?

と危惧しておりましたが、ところが夢いっぱいのお話しで安心しました。

 

「ババールとサンタクロース」のさいてん

 

「「ババールとサンタクロース」」のさいてん
お話しのよさ
(4.0)
おもしろさ
(3.5)
読みやすさ
(4.5)
ぜんぶで
(4.0)

 

クリスマスシーズンに最適の絵本です。

いちたは現在 ( 2018.12 ) 小学2年生ですが、1年生でも充分読みこなせる内容ですよ。

「ババールとサンタクロース」について、いちたの感想

 

パパ

「ババールとサンタクロース」を読んで、どう思いましたか?
ゾウの子供たちもプレゼントがもらえるようになって良かった!

イチタ

そう、ゾウの子供だけでなく、サルの子供にもプレゼントが渡るようになりました。

 

いちたは、今年は… ベイブレードの…が欲しい!

イチタ

そうか、いちたはベイブレードが欲しんだね?

今度サンタにお願いしておきますか…

「ババールとサンタクロース」について、さいごにパパからも

 

いちたも小学2年生になり、サンタクロースの正体について薄々感づいている様子です。

最近「あやしい…実はーパパがあやしいと思う…」と言っています。

親としては、できるだけサンタクロースがいると信じていて欲しいですね。

まだまだ、全力でごまかしますよ。

 

パパ

パパもサンタクロースはいると思っているよ。今でも。

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

保存保存

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

日本語が含まれないコメントは投稿できないことをご了承ください。